知財経営をサポートします

知財経営とは

知財経営の定義は、人によって違います。ここでは、将来のビジネス展開のためのツールとして知財を使用していく経営方針のこととします。

知財の活用

知財の活用方法には、防御(他者の参入を阻止)、攻撃(他者による侵害を止めさせる)、ライセンシングなどがあります。

ビジネス展開

将来のビジネス展開を考えたときに、次の2点が重要になります。

(1) 収益が見込めること

(2) 知財で保護できること(持続的な収益を得るために)

意識改革

経営者側の人間(つまり、決定権のある立場の人)が、知財経営の意識を持つ必要があります。

あとは、トップダウンで、知財経営の考えに基づく業務指針を浸透させます。

権利化とノウハウ秘匿

すべての技術を特許などで権利化するわけではありません。

ケースバイケースで、ノウハウとして秘密にしておく場合もあります。

資料室


**このサイトはオーブ国際特許事務所が運営しています。**

オーブ国際特許事務所

  東京都千代田区飯田橋3-3-11 新生ビル5階

  TEL: 03-6272-6348,  FAX:03-6272-6349

  URL: http://www.orbpat.jp